2021年12月25日

「論語素読会」からのお知らせ

令和3年12月25日の素読会をもちまして従来の「論語素読の会」を変更し、令和4年1月から3月までは「論語抄」をテキストに隔週で論語素読会を予定しています。
4月以降は休会とします。
ありがとうございました<(_ _)>

2021年10月20日

2021年10月06日

書いて心を整える

books-ogaki_9784074431052.jpg
会員の方から「敬老の日」の贈り物に「書いて心を整える 論語」を頂きました。と紹介してくれました。
主婦の友社から2020年8月に発行された書籍で、著者は西口 正氏です。
感謝編と生き方編があります。

2021年09月22日

入公門。鞠躬如也

 第5回「御風さんを歌おう!」応募について話し合いました論語素読の会 - 3_R_R.jpg
・開催日時:11月14日(日)13時30分
・開催場所:ビーチホール まがたま
・応募締切:9月30日
・曲   数:2曲までなので歌う曲の選定
 次回の例会までに意見をまとめる。
 (右の画像は2019年に参加したときのものです。昨年はコロナ禍で中止)

「仮名論語」テキスト128ページ
公門こうもんに入いるに、鞠きく躬きゅう如じょたり。容いれられざるがごとし。立たつに門もんに中ちゅうせず。行ゆくに閾しきいを履ふまず。位くらいを過すぐるに、色いろ勃如ぼつじょたり、足あし躩如かくじょたり。其その言げんは足たらざる者ものに似にたり。斉もすそを摂かかげて堂どうに升のぼるに、鞠きく躬きゅう如じょたり。気きを屏おさめて息いきせざる者ものに似にたり。出いでて一等いっとうを降くだれば、顔がん色しょくを逞はなちて、怡怡いい如じょたり。階かいを没つくして趨はしり進すすむに、翼如よくじょたり。其その位くらいに復かえれば、踧しゅく踖せき如じょたり。

君公に召されて国賓の接待を仰せつけられると、顔色が変るほど緊張され、足がすくむほど慎まれる。そして同役の人々にあいさつされるため、左右を向いて拱(こまね)いた手を上下されるが、その場合、衣の裾の前後がきちんと合っていて、寸分もみだれることがない。国賓の先導をなされる時には、小走りにお進みになり、両袖を鳥の翼のようにお張りになる。そして国賓退出の後には、必ず君公に復命していわれる。――
「国賓はご満足のご様子でお帰りになりました」   
(下村湖人『現代訳論語』)


賓不顧(ひんかえりみず)➜通常の解釈では「お客様は満足してふり返らずお帰りになりました」となる。これに対し、宮崎市定は「賓不顧を、普通には、客が満足したので顧みずに去った、のだと解釈するが、これはおかしい。賓客は立去る時に見送りの主人側に対し、時々振りかえって挨拶するのが礼儀であり、また賓客が遠ざかって最後の挨拶をするまで見送るのが主人側の礼儀である」といい、「……客が帰ったあと、必ず復命して、後を振りかえられなくなるまでお見送りしました、と言った」と訳している。
(宮崎市定 論語の新研究より)
如たり➜〜という様子 (本章では前章と同じく四回使っている)
賓不顧(ひんかえりみず)に付いて話し合いをした。
日常的には、宮崎市定の考え方に同じ。

2021年09月01日

素読会からお知らせ

mask_double_man.png
会員各位
コロナ感染拡大にともない、糸魚川地区公民館が休館になりました。そのため「素読会」をお休みにしますのでよろしくお願いします。
公民館休館:9月3日より9月16日
素読会休み:9月4日(土)と9月11日(土)
学而より